トライアル雇用奨励金の変更点

2014/02/28

 まず「トライアル雇用」とは何なのかということですが、
「就職が困難な求職者の適性や能力を原則3ヵ月間の試行雇用によって見極め、常用雇用への移行のきっかけとすることを目的とした制度です。」
 一定の要件を満たす必要がありますが、会社がトライアル雇用を行う求人を提出し、紹介を受け、トライアル雇用の対象者をトライアル雇用することにより、対象者1人につき月額4万円、最長3ヵ月間、奨励金を受けることができます。

 ではトライアル雇用の対象者はどんな人なのか。それは以下の①~④のいずれかの要件を満たし、かつ公共職業安定所長が認めた人です。
(1)これまでに就労の経験のない職種または業務に就くことを希望する人
(2)離転職を繰り返している人
(3)直近で1年を超えて失業している人
(4)母子家庭の母等や父子家庭の父などの特別の配慮を要する人

今回(平成26年3月1日)の変更では、その対象者にプラスして、以下の要件も対象とされます。
○安定した職業に就いていない期間が3年以内の学卒者
○妊娠、出産・育児を理由に離職後1年を超えて安定した職業に就いていない人

更にもう一点変更があります。それは、ハローワークの紹介に限って支給の対象になっていたのが、一定の要件を満たした民間の職業紹介事業者や大学等の紹介による場合も支給対象になります。
現状どの民間の職業紹介業者の紹介が支給対象になるか不明ですが、分かり次第おそらく以下の厚生労働省のホームページで確認することが出来るでしょう。

雇用関係助成金を取り扱う民間の職業紹介事業者

ポイント

この変更により、会社としては受給できる可能性の幅が広がったということになりますし、求職者の早期就職や雇用機会創出に繋がればいいですね。
奨励金を受給するには、その他の要件もあります。詳細やご不明な点がございましたら、ご相談ください。

ご質問、お問い合わせ

お悩みやご相談、経営に関するご質問等は お電話、メール、お問合わせフォームをご利用ください。

○お電話:03-6902-0370
受付:月~金(祝、祭日を除く)9:00 – 19:00

○メール:info@sr-kawahara.net

○お問合わせフォーム:お問い合わせページ