就業規則作成業務

就業規則作成業務

法令を順守するだけではなく、労務リスクを防止、また対処できる就業規則を提案します。

【ポイント1】

就業規則は、社員との労働契約の内容となります。そのため、実行できない労働条件は定めるべきではありません

【ポイント2】

ウェブサイト等で見ることができるモデル就業規則は、個別の事情に応じた内容ではなく、また社員に有利な内容になっている場合があります。そのまま引用することによりその内容が労働条件となってしまい、会社の立場を不利にしてしまうこともあります。そのため、会社の事情に応じたその会社独自の就業規則を作成する必要があります

【ポイント3】

就業規則は一度完成したら終わりということではありません。法改正や労務管理上必要がある場合は、見直しが必要です。その際、当事務所で作成、改定した就業規則については原則として無料で見直しを行わせていただきます

【作成・改定の流れ】

1.ヒアリング

労働条件、慣行などをヒアリングし、実態把握を行います。

↓

2.問題点・課題をチェック

労働諸法令、裁判例をもとに1.の実態と照らし合わせて問題点・課題をチェックします。

↓

3.修正、追加および削除

上記2.をもとに原案を作成し、貴社との打ち合わせを重ねながら修正、追加および削除を行います。

↓

4.納品

完成版を納品します(必要がある場合は社内説明会等を行います)。
その後、労働基準監督署に届出を行います。

報酬体系について

各業務の報酬については 報酬体系のページ をご覧ください。

ご質問、お問合わせ

お悩みやご相談、経営に関するご質問等は お電話、メール、お問合わせフォームをご利用ください。

○お電話:03-6902-0370
受付:月~金(祝、祭日を除く)9:00 – 19:00

○メール:info@sr-kawahara.net

○お問合わせフォーム:お問合わせページ